副収入があれば、会社員でも自由に生きていける。そういう人生を送ろうよ!

►独り言

変わってしまった日本の社会、弱者を守ることって・・・? 働き方改革の先にあるもの

2019年3月9日

この10年で感じることは、『日本の社会って変わったな』ということ。
毎日ニュースや会社で見たり聞いたりする言葉・・・。

・コンプライアンス(法令順守)
・休暇取得(有休消化・産休・育児・介護 etc)
・36協定
・ハラスメント対策
・労働人口不足
・働き方改革

どれも働く人達のための大切なキーワードで、大切な制度や法律だ。
働く人達が安心して働くことができる社会を作るためには必要なことだ。
自分の身を守るものであり、会社を守るものでもある。

しかし、これらを盾にして自分の権利や立場ばかりを主張する輩が意外に多い。
自分の都合で『自分は弱者です』と言ったかと思えば、弱者という立場を利用して、その輩を気遣う相手を困らせて『強者』のようになったり・・・。

もちろん法律や制度は守らないといけない。
そんなことは百も承知だ。

組織で働く人達は、周囲に対する言動に気を付けないといけない。
ただ、それは今に始まったことではない。
どんな場所でも良好な人間関係を築くのは大切なこと。
ピリピリした職場より、明るい職場の方が絶対に良い。

パワハラされたと言われた時、逆にパワハラされたと思う時。
『○○〇ハラスメントされました、これって○○〇ハラスメントですか?』
何かと窮屈な世の中だ・・・。

業務上必要な指導をするとパワハラと言われ、身動きが取れない上司。
宴席で部下のテーブルまで行って、酒を注ぐ上司。
部下に気を使い過ぎる上司。

それを当たり前と思い、何も違和感を感じない部下。
挙句の果てには、上司に酒の注文をさせる部下。

スーツを着ないでカジュアルな服装で客先に訪問する営業マン。
クレーム対応でお客様に謝罪に行くのに私服を着ている営業課長。
しかもお客様の役員はスーツを着て座っている。
TPOって言葉を理解しているのだろうか?
Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)
TPOをわきまえた言動って何か?理解しているのか?

然るべき立場の人が、それをきちんと教えているのだろうか?
こういう人達をお客様との接待の場に連れて行けるのだろうか?

バランス感覚がない人達で構成された組織で厳しい競争を戦えるのだろうか?
周囲から何を求められているのか感じ取れない人達が新しいビジネスを生み出せるのだろうか?

活気が無い。
必死さが無い。

成長するための厳しさより、居心地の良い❝緩さ❞を求める人の方が多いのか?

もちろん、ブラック企業は撲滅しないといけない。
しかし、弱者を守る立場に成長していく必要がある人達を過保護なまでに守る必要があるのだろうか?
本当に守らなければいけない人達を守っていけるのか?

これじゃ日本の社会が死ぬぞ!
弱者を守ることは必要だ。
しかし、弱者を守れる強者を育てることはもっと必要だ。

みんなが『自分を守って欲しい』と思っている社会自体は誰が守るんだ?

よく考える必要があるんじゃないだろうか。


 

-►独り言

Copyright© はい!窓際課長でございます , 2021 All Rights Reserved.